FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

で、「明日という日」だが。

2011/04/09
ヒメが最近、すっかり意欲を無くし、

部活の事やら、アタシともめることが多い★☆


で、アタシは言った。

狭い浴槽の中で、2人、膝を抱え、半身浴で(^_^;)


・・(注)・・

ヒメはいまだに一人で寝れない。

風呂もなるたけアタシと一緒ぢゃなきゃイヤ。

トイレに行く時も、風呂に入る時も、

ろーかの電気とか点けっぱじゃなきゃダメ。



ちなみに我が家の風呂は、

深いけど、真四角で、昔ながらの。。。

今風の脚を伸ばして入れるよーなヤツとは違いまする。

したがって、

そこに2人で無理矢理つかろーとしたら、

ピタッとくっついて、ヒザかかえて、

肩まで浸かったらお湯が溢れちゃうので、半身浴で・・・とゆーこと。


御想像しても宜しいですが、

かたや、ヒメは160cmスリム体形。

あたしゃ、163cm、ゾウ体形・・・(^_^;)






で、話戻るけど、

部活辞めたいってくどくヒメにゆったのよ★☆





お前、明日もおんなじ明日が来るって思うなよっ。





「明日」なんてなー、

今日とおんなじに、明日が来るなんて限んねーんだぞ。

明日なんか、分かんねーんだぞ。

あん時(地震の時)だってそーだったろ。



今の(東日本大地震)時だってな、

みんな、おんなじ、明日が来るって思って、

でも、明日が来なかった人達だって、いるんだぞ。


みーんな、お前みたいな子供達もさ、

友達とさ、

彼氏や彼女とさ、

家族とさ、

明日、また、・・・・・って思って。

でも、来なかったんだぞ。

明日が、来なかったって、わかるか?



そーゆー人達の分もさ、

お前ら、お前たちが出来る事、やんなきゃ、もーしわけねーだろ。

つらいとか、やりたくねーとか、

我がまま言えねーだろ。

ばち当たるぞ。

おめーだって明日はわかんねーだろっ。






分かんないんだから、辞めさせてっ!!!



・・・違うだろ(-"-)・・・



おかーさんにはこのツラさが判らないっ!!

・・・判るわけねーだろ、おめーの事だもん(-"-)・・・

おかーさん陸上の事、まじ、ぜんぜっわかんねーし

と、開き直る。

ってか、そこ突っ込まれると、終わる。



のぼせてきたので、説教おわり。

じゃんじゃん♪





21:27 ヒメ(長女)のこと。 | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
崩壊の前日
いつも通りの街 ただひとり 彷徨えば
行くあてのない 日々を知らぬ 人々に出会う
にぎわう通り こんなにも素敵 満ち足りてるはずでも

何故なんだ 足りないこと 知っていても
誰もみな そんなこと 気にかけずに
明日がまた やって来ると信じてる
約束もないのに また日が暮れて行く

どこか遠くの街で 泣いている 愛しい人よ
いつでも会える 思い込んでた ちっぽけな世界も
たったひとつの 出来事だけで 失うほど儚い

誰もこない 誰もいない 誰のために
僕たちは 生きているの 気づいたなら
無くしたもの 取り戻せる真実と
想い出の街に 今 風が吹いてる

崩壊の前日に 君は何処に いたのだろう
そして今でも 僕たちは ここにいられる
誰もが同じ 痛みと出会う けれどいつか過ぎ行く

回り巡る 日々の中で 見つけられる 大事なもの
それだけを 失わないで

今を生きて 今をみつめ ほらごらん
大好きな 街にひとつ 灯りがともりだす・・・

<崩壊の前日 角松敏生 1999>

はじめまして、今回の震災で久々にこの曲を思い出しました。
この曲は角松敏生が阪神大震災で崩壊した街を訪ねた時に作った
曲です。あらためて聴くとやはり良い曲です。

中越地震を体験した私たちだけれど、本当にたったひとつの出来事
で昨日とはすべてが変わってしまうことを知りましたね・・・

私たちは今を生きているけれど、過去にも生きてきたことを思い出します。後悔先に立たず 後悔後を絶たず だけれど、未来は白紙だし、すべてのものには終わりがあるとわかっているから続けられるんですね、やり遂げた時に初めて見えてくるものがあると思います。 

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。