FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

こわかった・・・!o(T◇T o)

2012/01/13


今朝は昨夜からの大変な冷え込み

家じゅうの窓ガラスが

全て、真っ白にガーリガリーーーー(危)

当然ながら、

路面状態もツルッツルーのピッカピカー(@_@)

前を走る車が路面の下に映し出されて!?

それは目をそらす事も出来ない程に、

恐ろしく美しい光景でありました。





当然、そんな状況での運転は心得ています。

基本!!大事なのは、

「ブレーキをかけない運転!」


もちろん、時と場合によりますが、

要は、

速度を落とし、車間距離をあけ、

(ギヤを落とすなり)なるべくブレーキをかけない運転。

ブレーキを踏んでも、強く踏み込まない!!

昔から雪国で言われるのは「ポンピング・ブレーキ☆」

軽く、数回に分けて踏みます。

早目の原則、余裕の運転!!





と、次男を送り届けるまでは、バッチリだった(^o^)丿

(前が「超」安全運転車だったせいもあるが)


戻り、

完璧に美しく除雪され、

平坦な、真っ平らの長い直線道路からの、

★★・・T字路への一時停止・・★★




運命が瞬きした瞬間だった

 


すでにとっくにアクセルは離し、

余裕で止まれるつもりでいた。。。のにっ!

止まらなかった!!!!(@_@) (ゆるい下りのカーブ)



農道から県道にぶつかるT字路である。

あの時間帯に、

県道の通行車両が、偶然、、、  とぎれた瞬間だった。




舵も効かず、回転しながら県道に突っ込んでいくアタシ。

正面の雪壁に、ゆっくりと、包み込まれ(ツッこみ)(-_-)//

ソレを見届けたかのように、

左右から車が通り過ぎる。



そしてアタシは、

何事も無かったかのように、

雪壁から離れ(脱出し)、

家路へと走り出した。

そう、何も無かったかのように。






こわかったよーーーっっ!! ガクガクブルブル((;゚Д゚))

もう、ぜったいぜったい!終わったと思ったーーーーっっ(涙)

神様と、

(死んだ嫁ぎ先の)ばぁちゃんが助けてくれたと思ったーーー・・・(涙)




もぅ、思い出したくないけど、

忘れちゃいけない((+_+))


気の緩みで、過信しちゃった。。。<(_ _)>


みなさんも、きをつけて m(_ _;m)三(m;_ _)m ☆★










17:23 海月日和(くらげびより) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。